TEN to SEN の新たな挑戦宣言

ごあいさつ

TEN to SENは2015年4月にオープンしてから3年半が経ちました。
日々お客様と接し、宿泊される状況を見て
「こうしたらいいな」とか「あれが必要だな」と思ったことを随時改善し、
カタチにすることでお客様の満足度を上げようと取り組んでいます。
ときには大掛かりな工事になることも。
そうやって、どんどん成長して変化するゲストハウスを当初から目指していました。

1年ほど前から『たぶんお客様が求めているのはこんな宿泊スタイルなんじゃないだろうか』
とモヤモヤ妄想にふけっていたのですが、それを実現するためにはどう考えても今の建物ではスペースがない。
「でもやりたいな」
「なんとか方法はないかな」
「でもな、どうしたもんかな」
モンモンとしたまま、でもあまり気にせず時は過ぎ

そんなある日、たまたま、本当に偶然ある物件を見たとき『ピンっ!』と私の中で音がしました。
いつもの合図です。

あぁ、するときがきた

ということで、TEN to SENのすぐ近くに、
TEN to SENの妹分、小さな宿を作ります。


先週からお部屋の解体をスタートしています。


まだ全貌は秘密ですが(小出しにしてブログネタをひっぱります)、
宿泊定員7名だけの小さな宿、「別館」もしくは「離れ」といった位置づけです。
来年は4回目の瀬戸内国際芸術祭、それまでに間に合えばいいな。
でも今回の工事は職人さんに大半をお任せするので、順調に進むはず。
本当は作業着着て壁とかぶち壊したいんだけどね。
最近右肩がまったく上がらず、無理のできないお年頃なので。。。

お楽しみに!


TEN to SEN で働きませんか?スタッフ募集のお知らせ

TEN to SENのご案内


TEN to SEN では、ヘルパースタッフを募集しています。

※現在、レギュラースタッフの募集はしておりません。

※TEN to SENは、女性のお客様の割合が多いゲストハウスです。(ちなみにオーナーも女性です)
スタッフは女性からのご応募を優先させていただきます。

※すでにスタッフが決まっている時期もありますが、時期によっては複数名採用可能なときもありますので、お気軽にお問い合わせください。

高松は、東京や大阪、京都のような一大観光都市とは違い、お客様の流れも穏やかです。
2016年3回目の瀬戸内国際芸術祭があり、香川はたくさんの外国人観光客に知名度が広がりました。
TEN to SENもLCC就航便のある台湾、中国、韓国のお客様をはじめ、たくさんの外国人旅行者にご宿泊いただいています。
お仕事の内容は下記をご参照の上、気になる点があれば、お問い合わせフォームからご連絡ください。

募集内容

(1) 清掃・宿直ヘルパー [短期可][短時間][フリアコ]

【ゲストハウス内の清掃業務】
・ 勤務時間:9:00~(清掃業務が完了するまで)
 (おおよそ、正午までの午前中の2~3時間で終了しますが、ときどき大掃除をします。お昼休憩有/シフト制休日あり)

【宿直業務】
・ 勤務時間:22:00~8:00 (ただし夜12時以降は寝ていただいて結構です。朝8時に起きる必要はありません)
・ 22時以降のお留守番(夜間館内に居ていただく必要があります/休日有)
・ 何か問題が起こった際の緊急応対、責任者への連絡。
・ 夜間(23時ごろ)館内1回見回り・水回りの簡単な清掃。

・ 勤務期間:2週間~
・ 待 遇:基本的にフリーアコモデーション(宿泊場所の無料提供)となりますので給料は発生しません。
スタッフルームでの宿泊、朝・晩ご飯のお食事を提供いたします。
清掃作業後、22時までは他のアルバイトをしていただいても結構です。
夜はラウンジで過ごしていただくことも自由。色々な人々との出会いがあり、貴重な経験が出来ると思います。

(2) レギュラースタッフ[長期][フリアコ・通勤可][給料有]

・ 仕事内容:ゲストハウスの運営業務全般
 (館内清掃・チェックイン受付・予約管理・観光案内・ラウンジでのお客様の対応)
・ 勤務時間:8:00~22:00のうち8時間、交代制 (休暇あり)シフト制
・ 勤務期間:3ヶ月~ (はじめに試用期間がございます)
・ 待 遇  :フリーアコモデーション(泊まり込み勤務)でも、通勤でも結構です。
通勤の場合は、交通費(月額1万円まで)を支給いたします。
勤務時間中の朝晩のお食事を提供いたします。
お給料については月給制または日給制となります。(詳細はお問い合わせください)
・ 条 件  :20歳以上。
日本語・英語(簡単な日常会話・ゲストの質問に答えられる程度)話せる方
パソコン業務(ワード・エクセル)入力が可能な方
最低3ヶ月以上勤務できる方(長期的に勤務できる方を優遇します。)
きれい好きな方
* 時間や期間・業務内容はご相談にのりますので興味がある方はまずご連絡下さい。
【注意事項】
・滞在中にゲストとトラブルを起こした場合や当ゲストハウスに不適切と判断した場合は、ヘルパー・スタッフ業務の継続をお断りする場合もございます。


【応募方法】
下記項目を記載の上、メールをお送りください。

・名前(フリガナ)
・性別
・年齢(生年月日)
・住所
・電話番号
・メールアドレス
・希望期間(開始日・終了日)
・簡単な経歴(職種や旅経歴など)
・自己アピール(長所や短所、志望動機など)
・顔写真添付(日常的にFacebookを更新されていて閲覧可能な方は、FBのリンクでも結構です)
・質問があればお気軽にお尋ね下さい。

【応募先】
TEN to SENゲストハウス 宛
(件名に『スタッフ募集の件』とご記入ください)
E-Mail:info@tentosen.jp
もしくはWEBサイトお問い合わせフォームをご利用ください。
https://main-tentosen.ssl-lolipop.jp/inquiry/

※24時間以内に返信いたします。メールが届かない場合は、迷惑メール・スパムメールフォルダに振り分けられていないか、フィルターがかかっていないかご確認ください。
(特にezweb、softbankをご使用の方は、初期設定でパソコンからのメールを受信しない設定(受信設定レベル強)になっています。返信メールはパソコンから送信します。ご注意ください)


全国のゲストハウスさんにぜひとも真似していただきたい件

日々のこと


日々、館内を清潔に保つように努めています。
それがお客様に快適にご滞在いただくための宿泊施設の使命でもあるし、
近頃では、清潔感に欠けると予約サイトの口コミなどでマイナス評価につながってしまうため、
ほとんどのゲストハウス・ホステルさんはお掃除に力を入れていると思います。

ある日、とあるゲストハウスさんの予約サイトページを偶然目にしました。
そこはとても素敵なデザインの内装で、1階にBAR and CAFEがあり、いわゆる今風おしゃれゲストハウスです。
(場所は大きな地方都市です)
『へぇーーーー、おしゃれだねー』と思って口コミ評価を見ると今ひとつ良くない点数。
なんでだろ?と思い、評価のコメントを見てみると、悪い点数をつけているのは日本人からの口コミが多くみられました。

よくありがちと言えばありがちなのですが、
例えば、
・同室の人のイビキがうるさくて眠れなかった。
・廊下のおしゃべりがうるさかった
・外国人がいっぱいいて怖かった
・シーツを自分でセットするのが面倒くさい
・テレビがない
などなど散々。。。
悪い評価のほとんどが、ゲストハウスとしてはどうしようもないよね、ってことばかり。
ゲストハウスの認知度がかなりアップしたものの、まだまだ理解されていないお客様も多いようです。
(香川県にお越しになるお客様は旅慣れている方が多いのか、そのような口コミは少ない方です)
悪い評価を付けられた方の多くは、安いし、写真を見たらお洒落だし、最近話題だし、
ってことでビジネスホテルと同じような快適性を求めてご宿泊になり、そのギャップが不満へつながっているように思います。

そんな中でひとつの口コミがひっかかりました。

『共用シャワールームに髪の毛が落ちていて、気持ち悪かった』で評価10点満点中2点

水回りは特に汚れやすい場所なので、多くのゲストハウスさんは数時間に一度見回り清掃をしているところも多いと思います。
それでも、皆さんがシャワーを浴びる時間帯は集中するし、ずっとシャワー前で見張っている訳にもいかないし、
きれいに使っていただけるお客様もいれば、そうでない方もいる。
ましてや国や文化が違う人がみんな一緒に使うんです。
第一、この口コミを書いたあなた、髪の毛1本も落としていませんか?
ちゃんと次のお客様のためにきれいに掃除しましたか?
宿側の清掃にも限界があるんです。

はぁーーーーーーやってられないな、
と思いながら夜の水回り清掃を終え帰宅、
翌朝出勤して、朝の水回り清掃のためシャワールームをのぞいたら

『なにがあったんですか?!』

(脱衣所で髪の毛つかみ合いの喧嘩とかしました?)

ってくらい、脱衣所に黒くて長い髪の毛がワーーーーーっと大量に落ちていて、
ヒエェェーーーーと思いつつも急いで落ちている髪の毛をかき集め

『もーーーーー!みんな自分で掃除したらええねん!!!』

ん??

自分で、

掃除✨


そうだ!お客様に掃除をしてもらおう!!

ってことでこんな張り紙を脱衣所に貼りました。